サンフランシスコ子連れリンクメモ帳
子連れでいろいろおでかけ。その前にみなさんから聞いた口コミ情報などを元に自分で調査。育児・イベント・おでかけ・お得情報などなど忘れないうちにメモ代わりにブログを使っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Does a Pig FLUSH ?
トイレトレーニングしたいところですが、なかなかこれがうまいようにきません。
ましてや、アメリカと言うお国はpotty トレーニング(おまるのトレーニング)よりも、sleepingに重きを置く国で、おむつは4歳5歳までしてる子もいたりします。
でも、タイミングよく外れるに越したことはないので、ぼちぼちスローテンポで行っている我が家です。

ふと目にした、このほん。
豚ちゃんがちゃんとトイレに座ってるではありませんか~。
こういう絵を見るとなぜか楽しくなる(自分だけじゃないんだーって)わが子なので、さっそく借りてみました。

なかなか良くできている本だと思います。
ただ、絵がアメリカスタイル(トイレの構造やその他の詳細、例えば、公衆トイレのドアの下が開いて足が見えるなど)なので、日本にいる子供達に見せるのは少し違和感があるかと思いました。
でも、トイレトレーニングもばっちりOKなお子ちゃまならば、その辺は簡単に理解できるかと・・・(ちょっと違うトイレだけど、まあ、一緒だなあって)。

でも、動物達もみんなうんちをするんだよー!!
そして、みんなウンチをする場所があるんだよー!!
って教えてくれて、さらには主人公の女の子がウンチをしてくれるので、子供は臨場感に溢れるかもしれませんね。

これからトイレに行くたびにちょっと試してみようとおもいます。
(最初の食いつきはよかったのですよ)

イラストがかわいいのに、イラストレーター(emily bolam)のサイトは見つかりませんでした。でも、USではなく、UKにお住まいのご様子。

構成としては、Fred Ehrlich M.D.が行っているようなのですが、他にもいくつかちびっ子教育に関する本を出しているようです。

ちなみに、今回の本のほかのシリーズは、
Does A Lion Brush?ですぞよ。図書館で見つけられるといいなあ。


Does a Pig FLUSH ?


Does a Pig Flush? (Early Experiences)
Fred Ehrlich (著), Emily Bolam (イラスト)

--------------------------------------------------------
記事が参考になった~☆っていう方はクリック!していただければうれしいです。
スポンサーサイト

テーマ:英語de子育て - ジャンル:育児

On Noah's Ark
今度はなんとも地味な?本を借りてみました。
幼児番組を見ていると、「ノアの箱舟」を基本とした物語や歌がでてくるので、ノアの箱舟自体のストリーと意味を理解していないと分かりづらいところがあります。
いわゆる日本の「桃太郎」「金太郎」のような感覚ですね。

ノアの箱舟のストーリーを知らなかったのですが、ぶあっつい本を借りるのも読む時間が無い(言い訳?)ので、絵本にしてみました。
またこれが、ノアの箱舟の本が多いんですよ。
その中でも、動物が鮮明に描かれているものを借りました。
これならば、わが子も食いついてくれるかも?

予想通り、反応は良かったです。
ストーリーは全然把握してませんけど・・・。
これは、私も同様・・・もう少し勉強します。

著者(JAN BRETT)のサイト
http://www.janbrett.com/
力強い絵なのにどこかかわいらしくみえるのは著者が女性だからでしょうか?アフリカなどのお国が好きなようで、だからこそ、リアルな動物を描写できるのかもしれません。

出版社
http://us.penguingroup.com/


On Noah's Ark


On Noah's Ark
Jan Brett (著)

--------------------------------------------------------
記事が参考になった~☆っていう方はクリック!していただければうれしいです。

テーマ:洋書の絵本 - ジャンル:本・雑誌

wigglesのコンサート
待ちに待った(?)wigglesのコンサートが近くで行われるようです。
たまたまウエブサイトを訪れたら、チケット発売がもう間近・・・。
これは、行かないとだめでしょう、いや、行くべきだ~!!!

親子ですでにこのおじさんたちにはまってます(笑)。
と、いうか、歌が頭から離れないのよね~。

http://www.thewiggles.com.au/country/usa/concerts.html

テーマ:海外で育児 - ジャンル:育児

The Wiggles - Wiggly Play Time
おじさん四人がでてきて、おかあさんといっしょのようなことをしている幼児番組がアメリカで放送されています。セサミストリートの裏という時間帯に置かれたのはなぜ?と最初は思っていたのですが、次第にその魅力に取り付かれていきました。
最初は、なんだこりゃ?とみてはなかったのですが、曲が耳に入ってくるとなぜか口ずさんでしまうのです・・・。曲がわかりやすく、テンポよく、そして何よりもメロディーが子供にとっては最高なのだと最近気がつきました(アメリカで毎日テレビをみているためかもしれません)。
そこで、借りてみたのが、これ。
調べてみるとwiggle'sの七作目のビデオとあったのですが、図書館ではこれしか見つけられず選択の余地なく、借りてきました。
でも内容は最高。ストーリー展開というか、曲の間をつなぐ寸劇もバナナが出てきたり、ワンちゃんがでてきたりと見入ってしまうものばかりだったので、飽きずにみている娘です。最初は長いビデオだし、飽きるかと思ったのですが、歌とその寸劇のタイミングと長さがちょうどよくて、飽きずに見る事ができるようです。

なによりも驚いたのは、ダンナが「これ、欲しい・・・」って。
英会話の面でもわかりやすくて、いいようです。
曲も何気に口ずさんでいるし・・・。
これは買わなきゃと思っています。

Wiggly Play Time


The Wiggles - Wiggly Play Time

--------------------------------------------------------
記事が参考になった~☆っていう方はクリック!していただければうれしいです。

テーマ:英語de子育て - ジャンル:育児

Elmo's World - Wake Up With Elmo
前回のELMO's worldの食いつきがよかったので、違うシリーズを借りてみました。セサミストリートではなく、やっぱりELMO's Worldでないとだめな我が娘。

これは朝起きてからすることをテーマにしているかと思ったら、寝るところからなんですね。アメリカではトイレトレーニングよりもどうやって寝付かせるかというsleepに重きをおいているのがよくわかります。とにかく、ママさんの間では、ベッドで寝せさせる方法がたくさん情報交換されていると聞きます。

そういうアメリカ事情もあってか、題名はwake up with ELMOですが、「sleeping」、「getting dressed」、「brushing teeth」の三題が入っています。どれも生活には欠かせないもので、実際に自分でもやってるからでしょうか?これも食いつきがよくて、何度も見せろといいます。
今では、「えるも~」と言えるようにもなったし。
エルモ大好き人間になったみたいです。

トイレトレーニングもエルモくんはしてくれればいいのにぃ。

Wake Up With Elmo


Elmo's World - Wake Up With Elmo

テーマ:オススメ☆絵本&児童書 - ジャンル:育児

pampersの特典
日本でパンパースを買っていたときには、「ポイント集めると○○がもらえるよ~」なんて広告をよく目にしていたので、ポイント集めをしていました。でも、アメリカではさっぱりそんなことは聞かない&目にしないのでないんだなーと思っていました。

がっ!!

ウエブをみると、ちゃんとポイントの特典をやっているじゃないっすか。
しかも、日本みたいにでかでかしてるわけでもなく、ポイントも15桁の数字が書いてあるシールを集めるというもの。その場所がオムツの袋の内側にあったり、箱単位で買うと小分けにしている普通のビニール袋のところに張ってあったり、一見業務用に見えるこのコードナンバー・・・。これが特に重要だと発見したのです。

なんだかキャンペーンも地味だなあ。
こんなのすぐに見落とすし、だーれも知られず終わると思うんだけど・・・。
でも、こうでもしないと、日本みたいに外袋にポイントを印刷している状態でアメリカで売っていると、ここだけちぎるという大胆な人も考えられますから・・・。すごい人いるもんね(尊敬ではないのよ)。

詳しくはこっちで。
パンパースのウエブ。
http://pampers.eprize.net/giftstogrow/index.tbapp?page=
_how_it_works&locale=en_US

テーマ:海外で育児 - ジャンル:育児

Blue's Clues - Telling Time With Blue
blue's cluesは毎日テレビをつけていれば、流れている番組です。
まだまだ時計と時間の概念はわかりませんが、数字には興味を持ち始めていたので、たくさん数字がでるかもしれないと思い、借りてみました。
いつものblue's cluesと同じ構成のためか、うちの子はちゃんと見ていました。それに、時計と数字はわかるようで、ちゃんと時計が大きく、長い時間画面に写ることがあって、興味を示して集中してみていました。他のアイテムも家にあるようなものばかりなので、二歳児にも分かりやすいのかもしれません。間延びしないように(これはいつもですが)、音楽&歌も途中に出てくるのであきませんでしたね。

いろんな意味を持つ時間というのを、シチュエーションを変えて勉強ができるので、私が見ていても感心したビデオでした。
もう少し大きくなって、時計&時間というものが分かり始める頃にもう一度見せたいと思いました。


Telling Time With Blue


Blue's Clues - Telling Time With Blue

--------------------------------------------------------
記事が参考になった~☆っていう方はクリック!していただければうれしいです。

テーマ:オススメ☆絵本&児童書 - ジャンル:育児

Sesame Street - Elmo's Musical Adventures Story of Peter & Wolf
またまたELMOを借りてみました。
と、いっても、let's make musicと同時に音楽ものを借りてみたのですが、こっちはクラシック。
幼児教育にはもってつけで、最高のオーケストラ(ボストン交響楽団)のメンバーが楽器の説明をしてくれたり、曲のすばらしさがすごく伝わってきます。
でも、うちの子はどちらかと言えば、庶民派・・・。
だから、ポップな音楽のほうがお好みのようで、クラシックのよさはわかってもらえず、すぐに飽きていました。私も真剣にみないとわからないビデオだったので、横目横目に育児中にチラッと見るだけでは内容のよさは伝わりません。
物心ついて、ちゃんと一緒のお座りして鑑賞できる年齢になれば、最高にいい教材になるかもしれません。
どっちにしろ、我が家は庶民派で、大きくなっても見ないかも・・・。

Elmo's Musical Adventures


Sesame Street
Elmo's Musical Adventures Story of Peter & Wolf


--------------------------------------------------------
記事が参考になった~☆っていう方はクリック!していただければうれしいです。

テーマ:子供のためのDVD - ジャンル:育児

Sesame Street - Lets Make Music
前回に見たエルモのビデオがヒットだったので、エルモが比較的たくさん登場するSESAME streetのビデオを借りてみました。
make musicだから、食いつきはいいかな~と思ったのですが、確かに音のなるところ(みんながゴミを楽器にして叩いていたり、体を楽器にしたり)はちゃんとみているものの、少し飽きっぽい気がします。
二歳にはちょっと長いからかなあと・・・。
間延びする感じもあります。構成的にはいいかと思うのですが、もっとsesame streetのお友達が積極的に楽器を触ったり、会話したりしているようなシーンがあってもいいかと思います。
もう少し年齢が高ければ違った見方ができるかもしれませんね。
私自信は英語の勉強にもなり、楽しく見る事ができました。

Lets Make Music


Sesame Street
Lets Make Music


--------------------------------------------------------
記事が参考になった~☆っていう方はクリック!していただければうれしいです

テーマ:英語de子育て - ジャンル:育児

Do You Still Love Me?
今日は子供がじっとしてくれていたので、割と長い時間を費やして、絵本の選択ができました。
この本のイラストもかわいくないですか~?
でも、いつもいつも英語がわからないからって、絵だけで選んでいるわけではなくって、ちゃんと中身も走り読みはしてるんですよ。
dudleyというワンちゃんはannaちゃんにとってもかわいがられている犬なのです。でも、突然、ライバル出現!!ベビーのpequitoクンがやってきたものだから、annaちゃんはそっちにばかりかまってしまって、dudleyは少し悲しくなり、pequitoクンがどっかいけばいいと思ったのです。でも、ある出来事を境に、dudleyはannaちゃんとpequitoクンのヒーローとなり、みんな仲良くなるというお話。

なんだかほわわ~んとしませんか?絵もかわいいし、英語も簡単だし、とってもキュートな本でした。

このイラストレーターの絵はかわいいので、もっと調べてみました。

イラストレーター自身のウエブは見つからず、そのエージェントのサイトを見つけました。
http://www.celiacatchpole.co.uk/index.htm

この本の出版社は
http://www.candlewick.com/
なんだかここも見たことあるような本が並んでいて、早くゆっくりみたいです。誰か時間をくれ~!!

Do You Still Love Me?


Do You Still Love Me?
Charlotte Middleton (著)

--------------------------------------------------------
記事が参考になった~☆っていう方はクリック!していただければうれしいです。

テーマ:図書館で借りた本 - ジャンル:本・雑誌

It's Okay To Be Different
病院の待合室にあった本ですが、すごくインパクトがあって、ぜひとももっとじっくり読んでみたいと思っていました。
この派手な色使いがなんともアメリカ的というか、私はこのセンス、とっても好きなのです。
イラストも私好みで、色使いもグットだったので、作者の名前を覚えていことが幸いし、図書館ですぐに発見しました。

ゆっくりおうちで読んでみたところ、内容も素敵。
みんな違って、みんないいよねっ!!って言ってる気がします。
そして、違っていても問題ないよ、そんなの気にするなよー!!って言ってくれてるような気もして、なんだかホッとするというか、安心してしまう本でした。英語も簡単なので、作者の気持ちもダイレクトに伝わってきました。

今度は違うシリーズを読んでみることにしよう!!

ちなみに、作者のページはこっち。
http://www.toddparr.com/


テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

FAMILY APPRECIATION DAY
もう過ぎ去ったことだったのですが、今年の初めに「FAMILY APPRECIATION DAY」と称して無料でいくつかの博物館などを楽しめる日がありました。私は残念ながら、その存在を知らず、のほほんと暮らした一日でしたが、もしかしたら来年も同じような時期にあるのかもしれないと思ってメモしておくことにしました。

その内容は、
Chinatown Alleyway Tours
Chinese Historical Society of America
Asian Art Museum
Main Library
California Academy of Sciences
Cartoon Art Museum
Contemporary Jewish Museum
Giant’s SBC Ball Park Tours
Museum of the African Diaspora
Museum of Craft and Folk Art
San Francisco Museum of Modern Art
Wells Fargo History Museum
Zeum
San Francisco Maritime Museum
S.S. Jeremiah O’Brien
Conservatory of Flowers
deYoung Museum
Exploratorium
Haas Lilienthal House
The Cable Car Museum
Coit Tower
Palace of the Legion of Honor
San Francisco Zoo


ウエブサイトはこっち。
FAMILY APPRECIATION DAY
http://www.dcyf.org/events/20060108-FAD/
FAMILY%20APPRECIATION%20DAY%20WEB%20TEXT.htm

テーマ:米国カリフォルニア州ベイエリア情報 - ジャンル:海外情報

乳児と一緒に映画鑑賞
二歳未満の子供を連れて映画館なんて絶対に無理と考えていた私ですが、出産後も楽しむことをモットー?としているアメリカでは子供の映画を見てもOKという日があるのです。さすがアメリカ、いつでも楽しもう!っていう心意気がすごい。

火曜日の11時から、新作を見せてくれるというのです。子連れOKで、もちろん、子連れのママさんたちがたくさんいるので、多少騒がれようが気を遣わなくていいし、楽かも。もちろん、子供の対しての対処もされており、ライトは通常ほど暗くせず、音量もうるさすぎることはないとのこと(この基準自体がよくわからないのですが)。
まあ、ここまでして子連れママさんたちのための時間を作ってくれるならば、通常料金でもよしとしますか・・・。どうせなら割り引いて欲しいなあ(途中で出る可能性が高いから)。


MAC theatersのページですが、別サイトに変わったとありました。
http://www.enjoytheshow.com/reelmoms.cfm

新サイトはこっち。
AMC moviewhatcer Reel moms
http://www.moviewatcher.com/jsp/reelmoms.jsp

サンフランのメトレオンは先週の火曜日だったみたいです。新作が出た始めの火曜日と理解したのだけど、合ってるかな。

テーマ:ママのお役立ち情報 - ジャンル:育児

bambi (special edition)
図書館のビデオはどれも古くて新しいものになかなかお目にかかれないのですが、偶然、新しそうなものに出会いました。
昔の作品のバンビなのに、カバーが新しそう・・・。
どうやらスペシャルエディションということで、映像も過去のフィルムを修正したためか、鮮明でした。
古い映画なのに真新しく感じたためか、すごく新鮮に見る事ができました。映像もディズニーならではですが、森の風景、バンビたち、小鳥達など、とても素敵でした。
英語も綺麗な英語(センテンスがしっかりとしている)なので、聞き取りやすく、単語も中学生レベルのものしか使われていないように感じました。何度もみたい(英語の勉強のため)ところですが、二歳児にはあまり受けがよくないようです。楽しい軽快な音楽がないからかな。

テーマ:泣ける映画 - ジャンル:映画

Allosaurus: Walking With Dinosaurs Special
図書館ではいつも子供のビデオばかり借りている私ですが、最近ダンナが英語力が極端に落ちた(私達があまりにも日本のビデオを見てるため)と落胆していたのを思い出し、ダンナがすきそうなビデオを借りてみました。アメリカではいゆる動物チャンネルか教育番組的チャンネルで見られそうな、教育番組です。でも恐竜がCGでうまくできていて、私自身もほっほー!!と見てしまいました。ただ、名称が聞きなれないのでヒアリングは難しいですが、センテンスは簡単なので全体の流れは分かりやすかったです。

テーマ:英語学習記録 - ジャンル:学問・文化・芸術

Elmo's World - Flowers Bananas & More
久々に図書館に行ったので、その記録にメモメモ。
エルモシリーズはいくつか置いてあるのですが、これは、バナナと花と髪の毛というすごくわかりやすいものばかりでてくるので借りてみました。セサミストリート自体、英語が難しいのか動きが複雑なのか、我が子の食いつきが悪いので心配していたのですが、このビデオは何度も繰り返しみてます。しかもしごい集中力で・・・。その影響あってか、テレビのセサミストリートもELMO's worldのコーナーだけは振り返ってみてます。英語も分かりやすいので大人でもヒアリングの勉強になるのでは?

テーマ:英語de子育て - ジャンル:育児

ザガットサーベイ『2006年版 アメリカ・トップレストランガイド』
せっかく友人がサンフランシスコに遊びに来るかもしれないというのに、おススメレストランを紹介できない私。
いいわけですが、チビを連れてのレストラン巡りも無理だし、うちの家計においても頻繁にいけるものではないので、やっぱり在住者的感覚になると、レストランと呼ばれるところには行かないのです。
しかし、せっかく住んでいるのだから、教えてよ~というときに、困る私。お友達のみなさんに聞いたり、努力はしつつも、やっぱりこれよ~!!と自分で言い切れない悔しさがあります。

今日はそんなこんな状況で、ふと目に付いたサイト。
ここにはザガットで選ばれたレストランが載っています。
まあ、外れてても言い訳ができる(笑)、日本人とアメリカ人の舌は違うんだもーんって。
各ショップのウエブもついているので、調査するには便利だと思います。

Zagat survey (ザガットサーベイ)イエルバブエナ通信より
http://www.sf-japan.or.jp/news/0512/0512-03.htm

テーマ:海外グルメ - ジャンル:海外情報

スーパーボール2006
私もダンナもあまりスポーツ観戦はしません。
その理由はわからんのです。
でも、好きなチームも特にはなく、ただの傍観者的に観戦するくらいしかできないからだろうと思います。

アメリカと言えばスーパーポール。
全米中で盛り上がるものと思われますが、予想に反して私の周りではそれほど騒いでるようにはみえません。おそらく、それは私の環境に問題があるだけで、もっとディープにアメリカ生活をされている方々には、当然のイベントであると思います。

スポーツ観戦はあまりしないと書きましたが、機会があればというか、タダ単にミーハー的に盛り上がりたい我が家はテレビ中継でも見ることにします。どうやら今週末(二月五日)らしいので。
でもテレビ中継はすんなりやってるのかなあ。

スーパーボール.com
http://www.superbowl.com/

NFL JAPAN
http://www.nfljapan.co.jp/index.html

テーマ:NFL - ジャンル:スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。