サンフランシスコ子連れリンクメモ帳
子連れでいろいろおでかけ。その前にみなさんから聞いた口コミ情報などを元に自分で調査。育児・イベント・おでかけ・お得情報などなど忘れないうちにメモ代わりにブログを使っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
駐車場内では責任を負いません
よく駐車場内に、「駐車場内での事故・盗難などに関しては一切を責任を負いません」と掲示されているのをよく見ると思います。おそらく絶対に書いてあるはず・・・。日本では堅苦しい漢字が並び、長々と書いてあるところもあれば、上記のように簡単に書いてあることもありました。

アメリカでは、なんと、端的。

・Not responsible for a losa and damege
  (失くし物ダメージなどの対応はいたしません)
・Park at your own risk
  (駐車場内は個人のリスクです)

直訳しましたが、簡単な英語なので、英語だけでイメージがわかり、何を言っているのか理解できると思います。

このresponsible、responseというのは、こういったときによくみかけるもので、どこかの会場や体育館、公民館のようなところにいっても、「スタッフは落し物、盗難、怪我など一切対応できません」とあります。この場合には「response」という言葉が使われます。

日本語を英語にしようとすると、責任だとか、難しい言葉がでてきそうなのですが、あまりにもきつい言葉になってしまう気がします。

今日も一つ勉強になりました!
スポンサーサイト

テーマ:英語 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sanfranmemo.blog32.fc2.com/tb.php/64-b8cc781c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。